パラピリオの森に見た、アートと建築の幸福な関係

CLASSROOM Magにてコラム「惑生探査記」を連載中の嵯峨実果子さんが、舞鶴市の「赤れんが配水池」のために小説を書き下ろし、それをもとに創作・構成された、オブジェ、絵画、映像作品によるグループ展・赤れんが配水池特別展覧会「パラピリオの森」が昨年秋に開催されました。その様子を本サイトでもお伝えします。
建築やまちづくりにまつわる書籍編集や広報物の企画制作を手がける建築ライターの平塚桂さんに、「赤れんが配水池」の建築的特徴と、展覧会との関わりについて、ご寄稿いただきました。

赤れんがの建築にはたくさん出会ってきたが、舞鶴の「赤れんが配水池」は、そのどれとも違っていた。おそらくその建物が人のためにつくられたものではないからだろう。

舞鶴には、海軍の舞鶴鎮守府開設に伴って明治時代に建設された赤れんがの建物が数多く存在する。赤れんが配水池もまた軍港を整備するために生まれた施設のひとつだ。ここは1901年、海軍の飲料水を確保するための配水池として建てられた。終戦後は市の水道施設として活用され、1965年まで稼働した。建物の下半分は地中に埋設され、窓は小さな明かり取りしかなく中は暗い。内部に個室はなく、かわりに27.2m×20.25mの大空間が5列の導水壁で交互に区切られ、腸のように蛇行する水路が形成されている。水圧を考慮したためか、壁は3段階で厚みを変え、上にいくほど薄くなる。水をなめらかに流すためだろうか、端はアールを描いている。建物の構造すべてが水のための原理でできているので日頃目にしている建物に比べるとかなり堅牢で、形も特殊だ。年月を経たことによる素材の風化や環境に由来する湿気や空気の冷たさも相まって、神秘的な気配を宿している。

展覧会「パラピリオの森」は、この赤れんが配水池を会場に開催されたグループ展だ。参加作家は舞台映像デザイナーの山田晋平、映像作家・現代美術家の斉藤幹男、美術家のスサイタカコ、ダンサー・ゴーストライターの増田美佳の4人である。うまく展覧会を成立させるには難しい枠組みだ。まずこのような空間そのものに力がある場所では、作品の内容や設置の仕方次第では建築に作品が負けてしまいかねない。さらに複数の作家が参加するグループ展では、展示全体の統一感が失われ、散漫になりがちだ。だがここでは展覧会を1つにまとめ、質を高めるための工夫が施され、空間と作品が融合した見ごたえのある展覧会へと結実されていた。

展示構成の工夫は2つある。1つは“小説”を用意したこと。それは嵯峨実果子(ゴーストライターは出品作家のひとりである増田美佳)が書き下ろした、赤れんが配水池を舞台とするストーリーだ。内容は、ここに迷い込んだ植物分類学者のカガ博士が、菌類が特殊な進化を遂げたような奇妙な生物たちに出会い、やがてその不思議な生命体へと没入していくというもの。会場ではその小説に沿って作品が設えられ、来場客は入り口で手渡された小説を片手に、展示へと入り込んでいく。この小説の存在は、複数の作家をまとめ、場所と作品を結びつけることにも大きく役立っている。展覧会と小説を掛け合わせるという発想はとてもユニークだが、偶然にも共通する手法は意外なところで実践されている。アメリカのショッピングモール開発だ。そこではディベロッパーや建築家、施工会社、テナントといったたくさんの関係者がイメージを共有できるように、顧客を主人公とする架空のストーリーを用意してプロジェクトを進めることがあるという。収支にシビアなビジネスの最前線でも活用されているというのは、小説が複数の人々をまとめてひとつの場を構築するための強力なツールとなることの証だろう。

もう1つは時間軸を意識したことだ。展示全体をディレクションした山田晋平は、45分で赤れんが配水池の通路を1往復するという時間軸を設定し、その中でシーンをどう展開させていくかを考えたという。時間軸から展示を構成していくことは、この場所に適した方法だ。赤れんが配水池はフランク・ロイド・ライトが設計したグッゲンハイム美術館のスパイラル状の展示空間とも共通する、リニアな構成を持っている。展示を観る順序に対して空間的な強制が働くので、その時間軸がぶれることはない。まず来場客は、赤れんが配水池の歴史や構造が解説された短い映像を観る。来場客は、この場所の背景を踏まえた上で展示に向き合うことになる。そこから先は通路が折れ曲がるごとに、異なるシーンへと切り替わる。スサイタカコによる、カガ博士が出会った不思議な生物たちを思わせる作品と、斉藤幹男の映像作品が融合したインスタレーション。増田美佳の繊細なドローイングと山田晋平による虫眼鏡を使った演出をかけ合わせた作品。いずれもサイトスペシフィックな、赤れんが配水池に足を運んでこそ楽しめる作品ばかりだ。最後は小説内で博士が行った“水を汲む”という行為を来場客も体験し、そして建物の外に出てあらためて港湾の風景を眺めることで水をめぐる営みに思いを馳せ、展示体験は完結する。

なぜこのような濃密な展覧会ができたのか。そのプロセスも興味深い。たとえば展覧会の3ヶ月前には、現地で数日間の合宿が行われた。当時海外でアーティスト・イン・レジデンスを行っていた斉藤をのぞく全員が参加し、展示計画を構想。小説もこのときに書かれた。そして展覧会を主催した一般社団法人torindoの豊平豪が赤れんが配水池の歴史背景をリサーチし作品に背骨を通すという、演劇の世界でいうドラマツルギーのような役割を果たしたという。

◯◯トリエンナーレといった名を冠する、地方の、美術館の外で行われるアートの展覧会では、来場客は外からきたアートファンが中心となる。だがここでは来場客の8割方は舞鶴市民が占めているという。特に目立っていたのは家族連れだ。子供たちが作品を楽しんでいる様子も、その様子を写真におさめる大人たちの姿も微笑ましく、そのふるまいが作品や空間をより豊かな風景へと変えていた。展覧会が地域になじんでいた要因としては、赤れんが配水池などを活用して2009年度から継続され、2012年からはtorindoが引き継いでいるアートプロジェクト、まいづるRBの活動が根付いていることもかなり大きいようだ。しかし重厚な建造物での骨太な展示を地元の家族連れが自然に楽しんでいるというのは、軍事的な事情から整備された赤れんがの施設が日常に溶け込んだ舞鶴の土地柄あっての現象でもあるのではないか。“アートと建築の関係”という使い古された言い回しがここで起きていた状況にふさわしいのかはわからないのだが、舞鶴のこの場所だからこそ生まれたと思われるアートと建築の幸福な関係に、私は新鮮な感動を覚えたのだ。

メイクアップコスメのDIY

CLASSROOM Magにてコラム「惑生探査記」を連載中の嵯峨実果子さん。「白粉白書」では、ファンデーションやアイシャドウ、チークを手作りする方法が綴られていた。お手製の化粧水やパックのことなら知っていても、メイクアップコスメまでDIYできるとは初耳。さっそく編集部の2人が、嵯峨さんに教わりながら、はじめての手作りコスメ(アイカラーと口紅)に挑戦してみた。

メイクアップコスメを作るようになったきっかけ

そもそも、嵯峨さんがメイクアップコスメを自作しようと思ったきっかけはなんだったのだろうか。
「初めて作ったのは3年くらい前。アイシャドウがなくなりかけていて、次はどうしようかと思ったんです。それなりに節約して暮らしているなか、百貨店で買うのもどうかという気持ちがあったし、毎日使うものだから手に取るたび心が貧相になりそうな安いものも嫌で。ラグジュアリーでもプチプラでもオーガニックでもなく、同時にその要素すべてを満たすものはないかなと考えていたとき、『作る』という選択肢が浮かんできたんです。
さっそく調べてみたら材料を売っているサイトがあるし、レシピもある。難しくもなさそうだったので、すぐに作ってみました。それが気に入って、今では毎年1月の三が日が明けたらその年の色を作るというのが恒例行事になっています」。

パーソナルカラー診断で似合う色を探す

今回作るのは、アイシャドウ、チーク、口紅の3種類。材料は「オレンジフラワー」(http://www.orangeflower.jp/)というオンラインショップで注文しておいた。レシピも同サイトに掲載されているものを参考にする。
「せっかくなら自分に似合う色を作りたい!」ということで、製作を始める前にパーソナルカラー診断からスタート。嵯峨さんはオータム、編集部の山田はサマー、牟田はスプリングと、全員が別のタイプだった。カラー診断の色見本と手元にある材料を見比べながら、それぞれどんな色のアイテムを作るか決めていく。

アイシャドウとチークの主原料は鉱石の粉

最初に作るのはアイシャドウ。まずは嵯峨さんに作り方を見せてもらう。
「アイシャドウとチークは材料がほぼ同じで、主にマイカで作ります。ミネラルファンデーションの主原料にもなっている、雲母の粉ですね。白いマイカに、皮脂を吸着して化粧持ちを良くしてくれるサンゴパウダーやケイ素などを加えてベースを作ります。ここに水酸化クロムや酸化鉄といった色材や、すでに色材で着色されているマイカを入れて混ぜながら、思い描く色に近づけていくんです」。
小さな乳鉢にスプーンで粉を加えるたびに、しっかりとすり混ぜていく。デジタルスケールで微量ずつ測りながら作るものの、想像していたよりもずっとおおらかだ。絵の具で好きな色を作るのと同じ感覚で、乳鉢のなかに色を加えていく。

「納得のいく色ができたら、無水エタノールとオイルで固めます。オイルの種類はホホバオイルやココナッツオイルなど。さらにエッセンシャルオイルを少量加えて香りをつけることもできるんです。ただし、肌に刺激を与えてしまうものもあるので使う前には必ず確認するようにしてください。今回は、ラベンダーオイルを少しだけ使います」。
ぽたんと1滴落とされたとたん、華やかな香りが立ち上る。メイクをするのがますます楽しくなりそうだ。

無水エタノールとオイルがしっかり混ざったら、金皿に山盛りにしてティッシュで覆い、手のひらでしっかりプレスする。できるだけ均一に圧力がかかるように、真上から押すのがコツなのだそう。

口紅はあっという間に完成

1色分のアイシャドウを作るのにかかった時間は約20分。チークもほぼ同じ時間内に作ることができた。
最後は嵯峨さんも初めて作るという口紅。キャスターオイルとホホバオイルが主原料で、気温が高い日でも溶けてしまわないように、融点が高いキャンデリラワックスとミツロウも電子レンジで溶かして加える。ここに、マイカと酸化鉄で着色し、リップチューブに流し込むだけ。冷えると固まってきてしまうので、時間がかかる場合は湯煎しながら作業する。アイシャドウ、チークよりも短時間で完成した。
「溶かすという作業に不安があったのですが、すごく簡単で意外でした。ゴールド系の色もしっかり出せたと思います。また作りたいですね」と、嵯峨さん。

想像以上に鮮やかな発色

すべて出来上がったところでメイクアップタイム。アイシャドウとチークはまだ柔らかいので持ち歩くためには1日くらい乾燥させたほうがいいものの、使う分には問題ない。「手作り」に対するイメージからほんのりと優しい色づきかと思っていたが、実際肌にのせてみるとしっかり発色して驚かされる。
自分の好きな色であるということと、世界にひとつだけという特別感が相まって、気持ちがとても明るくなった。

「贅沢をしている」という感覚が魅力

最後に、手作りメイクアップコスメの魅力を嵯峨さんに伺った。
「毎シーズン発売される市販の化粧品は、コンセプトも魅力的だし見た目も美しいから、買うのが好きな方も多いと思います。ブランドロゴに加勢されて士気が上がることもある。既にマーケットにあるものに踊らされるたのしさもあれば、それにノらず勝手に踊るよろこびもあります。そういう贅沢ですね。自分好みの色だから、きっと似合っていると思っています。
市販のものでもたくさんの色がありますが、4色くらいのパレットになっていたりしますよね。そのなかで使わない色があっても、セットで買わないといけないのはちょっと悲しいから、必要な分だけ手に入るというところにも魅力を感じます」。
絵を書いたりデザインをしたり、料理が好きな人もきっと楽しめるのではないかという感想を伝えると、嵯峨さんも大きく頷いてくれた。
「クリエイティヴィティとしてすごく楽しいですよね。いつもはひとりで作っているので、誰かと一緒に作るっていうのも新鮮でした。自分は作らないような色だったり、似合う色を話し合ったり。既製品を買うしかないと思われていたものでも、自分で作るという選択肢があることを知って、実はそれがどういう材料で出来ていて、私がほしいものはどういうものか、と細かく出会いなおしていくことは、ある意味豊かだと思います」。