つくる人々 つくる人々

Interview2/2

河村健介・風呂敷デザイナー〈後編〉

Kensuke Kawamura | furoshiki designer

風呂敷をつくる人、山田繊維株式会社(京都)・開発部リーダーの河村健介さんにお話を伺う。
後編は最新商品の開発秘話や海外に向けた取り組みや、数少ない風呂敷の専業メーカーとしていま考えていることなどを伺った。

kawamurasan1

現代の暮らしに寄り添う風呂敷づくり

— むす美さんは風呂敷専門メーカーとして本当に多様な商品を手がけていらっしゃいますね。

配色違いなんかも合わせると年に百点ほど新作を発表しています。伝統的な風呂敷を作る機会は減ってきていて、例えばお着物でどこかに訪問される時に持っていただくようなフォーマルなものを新しく作るチャンスはそれほどなく、若い方に風呂敷を知ってもらおうという商品が圧倒的に多いですね。

— 原宿にあるショップに伺いましたが、伝統工芸品の堅苦しさみたいなものは全くない、明るくておしゃれな雰囲気でした。

うちの場合はあまり伝統とか京都らしさというものを前面には出していないですね。今の生活で使ってもらわないと生きていけないですから。

— それは興味深いです。個人的な感覚ですが、京都の企業は京都ブランドを是非とも生かそうとされる場合が多いような気がします。

うちは京都ブランドを売りにするほどの老舗ではないですし(笑)。
例えば和柄の商品では柄の組み合わせの良くないものは避けるなど、基本ルールは守ります。柄モチーフは昔からある文様でひとつひとつに意味のあるものですが、「包んだ時、使った時が完成形」をイメージして面白くなるようなデザイン構成を考えたり、蛍光染料なども使ってビビットな色使いにしたり。今まで通りにしたらそこそこ売れるかもしれないけど、今まで通りのことはやらないようにという考え方でやっています。

— 現代の生活というのを強く意識されているんですね。売れ筋の商品はどのようなものですか?

このあたりの和柄でリバーシブルの伊砂文様などですね。和柄といっても、和装に限らず洋服にも合わせやすいラインです。その他に、ミナの生地に撥水加工をした風呂敷はバッグにテーブルクロス、ピクニックシートなど幅広い用途でお使いいただいていますし、こちらの「こはれ」は作家さんによる柄でありながら、ラッピングなどで気軽に使っていただけるよう低価格に設定している人気のシリーズです。

「伊砂文様」シリーズ
「伊砂文様」シリーズ (c)山田繊維株式会社
「こはれ」シリーズより型染アーティストユニットkatakataによる「ねこととり」
「こはれ」シリーズより型染アーティストユニットkatakataによる「ねこととり」 (c)山田繊維株式会社
型染アーティストユニットkatakataとのコラボレーション商品「kata kata むすび」
katakataとのコラボレーション商品「kata kata むすび」 (c)山田繊維株式会社

新たな素材が風呂敷の価値観を変える

— 最近開発された商品について教えてください。

これはシルクの風呂敷で、富士山の麓にある富士吉田という町のネクタイ生地を作っている機屋さんで織っています。
杢糸(もくいと)といって、色の違う糸を撚り合せて織ったときにムラ感が出る糸を使っています。Tシャツなどによく使われる綿の杢糸は2〜3色の糸を撚っているのですが、こちらはシルクでしかも6色を撚り合せてあるというとても珍しいものです。
6色の杢糸と1色普通の糸の合計7糸を緯糸として使い、サテンという緯糸が見えやすい織り方をしています。原料のシルクも退色の少ないブラジル産の良質なものにこだわっています。

七彩(shichisai)
七彩(shichisai) (c)山田繊維株式会社

— なるほど、このドレッシーな印象はネクタイのシルクを使っているからだったんですね。こちらを作られたきっかけは?

ここの機屋さんに偶然出会ったということが実は一番大きいのですが(笑)。
パーティーなどにも使っていただけるようなものをということで作りました。
これは売り上げの中心となる商品にはならないと思いますが、新商品を開発するときには売上の他に、どれだけ風呂敷に興味を持ってもらえるか、今までに風呂敷としてやったことないことかなど、話題性の部分も常に考えていて、ラインアップも先進的なチャレンジをするものと、確実に売り上げに繋げたいものとのバランスを考えながら作っています。
売り上げだけを重視するのでなく、風呂敷の需要を増やさないといけないということもあるので、まず興味を持ってもらうためにこういうソリッドな商品や、有名デザイナーとのコラボレーションなどで消費者との接点を増やし、需要の分母を増やす活動も同時にやらないといけない。
前回9月の展示会ではKIGIさんとコラボレーションした新作を発表し、新たな層からの反響に手応えを感じています。

— KIGIさんとのコラボレーションはどのように進んでいったんですか?

実は僕が以前からKIGIさんのファンで、講演会で京都に来られていた時にお声がけしたのがきっかけです。
彼らには独特のテイストがあって、我々もそれを生かしたものにしたいので、風呂敷の基本的な情報として標準的なサイズや人気の柄や色などだけお伝えして、初回のデザインが上がってくるまでは、デザインについてこちらからは何も言わなかったですね。
もちろん、上げていただいたデザインに対しては色々とご相談しました。この色とこの色が隣り合っていると綺麗に染まらないなど技術的なこともありますし。
生地もKIGIのお二人に膨大な数のサンプルを見ていただいて、コスト管理もしつつ納得のいく風合いのものを厳選しました。
かなりグラフィカルなアプローチで従来の風呂敷にはない柄なので、染める際に様々な調整が必要になり、染め屋さんに何度も相談し、工場にも足を運んで進めていきました。

KIGIとのコラボレーション商品「木々花々」
KIGIとのコラボレーション商品「木々花々」 (c)山田繊維株式会社
KIGIとのコラボレーション商品「木々花々」
KIGIとのコラボレーション商品「木々花々」 (c)山田繊維株式会社

— 和の要素もありつつ現代的で、和服にも洋服にも合わせやすそうですね。それからこちらのデニムの風呂敷は岡山で作られているとか。

デニムふろしき開発中のサンプルを見せていただいた
デニムふろしき開発中のサンプルを見せていただいた

はい、クロキさんという工場に依頼しています。こういう耳付き(セルビッチ)の生地は古い織機でしか織れないため、生産スピードも遅く、織機も減る一方です。クロキさんでは、古い工場で使われなくなった織機を引き取り、修理しながらセルビッチを織り続けているんです。
デニムは独特のこだわりがある世界で、僕もこの商品をきっかけに勉強したのですがとても面白い。古い織機から生まれる生地には特有の風合いや色落ちの良さがあって、ジーンズの好きな人はセルビッチに行き着くということでした。
耳の部分に等間隔で糸が飛び出しているので、試作を見たときに「これ、不良品じゃないですか?」って聞いたんですが、実はこれが良いところで。横糸のシャトルの中のボビンが入っていて、糸が巻き付いているのですが、その糸が無くなって、変わる時に糸が飛び出した跡で、これこそが旧式の力織機(りきしょっき)を使っている証だから商品にした時も切らずに残して欲しいということだったんです。
それでも知らずに見ると不良品と思われてしまうので、説明するためのミニリーフレットをつけて残すことにしました。
他にもチェーンステッチやボタンホールを採用し、よりデニムらしさを感じるデザインを目指しました。縫製をしてくれたのは海外の高級ブランドのシャツも手がけている技術の高い工場で、そういった相談にも柔軟に対応してくださいました。どの工場も風呂敷を作るのは初めてということで、テンション高く対応していただけて作っていてとても楽しかったです。

— それは本格的ですね。ジーンズのように色落ちを楽しめたりするんですか?

そうですね。僕も工場を見学して知ったのですが、ロープ状に束ねた綿糸をインディゴの染料に浸して染めているので、表面は色づいていても芯は染まらずに残っているから、擦れによってアタリと呼ばれる白い部分が出てくるんですね。時間を経て自分だけの一枚に仕上がりますよ。

— 風呂敷の概念が変わります。しかもジーンズの生地より少し薄くて結びやすくしてある。

合わせる服も選ばないですし男性も使いやすいと思います。これはネットに上がった瞬間にオランダから注文をいただきました。オランダもデニムの産地なので関心を持っていただけたのではないでしょうか。
現状、弊社の商品は可愛らしい柄が多いと思うのですが、海外を意識するともっと洗練された大人っぽいデザインのものを増やしても良いのかなと思っています。

デニムふろしき(クッションとしての使用例)
デニムふろしき(クッションとしての使用例) (c)山田繊維株式会社

大まかに「海外向け」では伝わらない

— これまでの海外経験から向こうの方の好みなども把握していらっしゃるのでしょうか?

とはいえ、ロンドンとパリでは全く好みが違いますので、大まかに海外向けということではなく、対象をかなり細かく設定しないと需要に応えることはできないと思っています。その意味では海外でも日本でも影響力があるような人と一緒にものを作ってみたいですね。

— 日本では廃れつつあるように見える文化が、実は海外で定着している場合もあると聞きます。例えばフランスのマリアージュフレールなどで日本の高級な緑茶が売られていて、現地で日常的に飲まれているとか。

そうですね。僕もベルギーの友人に一保堂さんのお茶をプレゼントしてとても喜ばれたことがあります。日本人は日頃から忙しくて急須を使って葉っぱからお茶を淹れる時間もないという感じですけども、向こうでは労働環境が整っていて働き盛りの人でも文化に触れる時間が多いというか、それを実践する余裕がとても羨ましいなと思います。

— 風呂敷も実は海外で受け入れられているということもあるのでしょうか?

いや、風呂敷に関してはまだまだこれからだと思います。
僕は海外のお客様とのやりとりも担当していますが、ヨーロッパ、なかでもフランスやオランダなどで興味を持っていただけているのかなと感じています。
フランスでは日本のアニメがたくさん放映されていて、お弁当のシーンに風呂敷が出てきたり、そういうことから知られていたりするようです。
フランスの方は元々、ストールなど布ものが大好きで、他の国の独特の文化にも寛容なので、うちの会社としてもフランスに向けての発信ということは意識していますね。
オランダではグローニンゲンにあるセレクトショップの方が、風呂敷をバッグとして使っているお客さんの写真を送ってきてくださるというような交流もあって、良い反応をいただいているという感覚があります。

風呂敷を産業として持続させていくという使命

— アニメが風呂敷にも繋がっているとは面白いですね。河村さんの新商品開発のアイデアの源についても、少し教えていただけますか?

普通に毎朝ネットでデザインやファッション関係のニュースを見ますし、雑誌もよく読みますし、それで気になった展示とか場所には足を運ぶようにしています。
でも仕事で色々な工場に行った時に、そこの人になんでも聞くというのが一番近道かもしれないですね。それぞれの工場ではもちろん弊社の風呂敷だけでなく、洋服向けなど様々な生地を生産しているので、「新しい生地や加工法などを探しているんで何かあったらサンプルを送ってください」というのはいつもお伝えしていて、その中から新商品のヒントを得ることも多いです。
商社や機屋さんは日本各地にあって、それぞれ得意な生地が違います。福井の北部など日本海側なら合繊(合成繊維)、綿ならもっと太平洋側とかですね。風呂敷は商品ごとに一つずつ生地が違うので、全国各地いろんなところから仕入れるんです。
現地に行かないと資料がないですし、現地に行って作り方やサンプルをみながらこういう生地にしたいとか色々相談しながらやるので、機屋さんなどには必ず会いに行きます。さっきのデニムふろしきでもそうですが、一つの商品を作るたびにたくさん勉強するという感じがあります。

— なるほど、やはり足を使って独自の情報を捕まえているんですね。
いま目指しているのはどんなことですか?

まず風呂敷業界のトップに立ちたい(笑)。風呂敷といえばむす美という風になればいいですね。どうしても繊維業って発展途上国の仕事みたいなところがあって、国が発展すると繊維業は衰退していくんですよね。それを海外も含めて使ってくれる人を増やして、風呂敷を産業として持続させていくというのは当社のような残り少ない風呂敷専業メーカーの使命なのではないでしょうか。
弊社ウェブサイトの英語版もこれから整えていこうという段階ですが、先行してオンラインショップの英語版を用意しています。海外に向けた発信はまだまだこれからですが、興味を持ってもらえたとき、すぐに購入していただける状況を用意しておくということが重要だと思います。国内のマーケットは縮小傾向もしくは横ばいという状況ですが、英語だと多くの方々に見ていただける可能性が広がりますし。

— むす美さんの商品を購入すると使い方を説明したミニリーフレットがついていたり、ウェブでは動画で包み方が紹介されていたり、店頭で包み方のワークショップを開催されるなど、使い方を伝える様々な取り組みをされていますよね。海外の方にも使い方を説明するのは少し大変そうです。

風呂敷ってやっぱり売るのがすごく難しくて、まず使い方を伝えることは日々心がけています。
風呂敷を使う文化が全くない海外においては、バッグにもなるし、ワインボトルもいけます、ハンカチにもなりますとなんでも使えると言われると焦点がぼやけてしまうというか、かえって何か分からないと捉えられてしまうので、パッと見て使い方が分かる方が良いのではないかと思います。どういうアプローチにするかということをしっかり整理して、一番伝わりやすい方法でプロモーションするということが課題だと思います。

— 最後にこれからのご自身の展望は?

あまり年をとって若い人向けのデザインをし続けるのは難しいというか…キャラクターグッズを作っていた時に後輩がデザインしているものの良さがよく分からない、でもどうやら周りの反応を見ていると良いらしい、ということがすでにあって(笑)。
ただ、これは友人のデザイナーから聞いた話ですが、歳をとっていいことは若い時と比べて知識や経験がある分、発想する力があることなんですって。確かにそれは自分でも感じますし、今は作業をたくさんするより考えることにたくさんの時間を費やせたらと思います。

河村健介(山田繊維株式会社・開発部リーダー)
2002年愛知産業大学 造形学部 産業デザイン学科 プロダクトデザインコース卒業
2003年キャラクター雑貨のメーカーに入社し、商品企画・デザイン・生産管理を担当。
その後、渡英。ロンドンの日系企業へ転職。貿易アシスタント、日本向け・海外向けのECサイト運営を担当。
パリのグループ会社に転籍してからは、コスメ商材、生活雑貨の輸出販売など新規事業の立ち上げと運営に携わる。
2014年山田繊維株式会社に入社。開発部にて新商品の企画・デザインを行う傍ら、海外顧客からの受注業務も担当している。
http://www.musubi-online.com/

Text & Photo:Masae YAMADA

page top