寄稿 寄稿

Column/ 惑生探査記

呼吸

kyokyu

堰を切ったように
積年の
赤裸々が
腫れ上がり
本日は
晴天なり
おお
サンショウウオの
表面を旅し
荼毘にふしても
焼けのこる
生やけの
どっちつかずな手足が逆に
なまめかしいね
仮死の
歌をうたって
飢餓の
都に雨を呼び
したたかしたたか
雨降って固まった
地を割る草の
したたか酸素
肺呼吸皮膚呼吸
生活に取り入れて
積極的に
したたる血
十全に
巡らせよ

嵯峨実果子
1983年京都生まれ。詩人、文筆家。 「ミことば」で平成27年度第33回 世田谷文学賞 詩部門受賞。趣味は芳香植物の栽培と観察。 mikakosaga.tumblr.com

page top