寄稿 寄稿

Column/ 惑生探査記

秋の夕食

akinoyusyoku

あら炊きの 
骨からほどける 
身をはこぶ 
箸の先端 
ふるえるゼラチン 
煮こごる夜に
空耳の
月光ソナタ 
あかあかや  
身を乗り出して 
骨からこぼれた 
我が身のゆくえ 
私も知らない 
白く濁った
目の玉すする 
塗りの汁椀 
あかあかや

嵯峨実果子
1983年京都生まれ。詩人、文筆家。 「ミことば」で平成27年度第33回 世田谷文学賞 詩部門受賞。趣味は芳香植物の栽培と観察。 mikakosaga.tumblr.com

page top